FC2ブログ

カゴも好きだにゃ

涼しくなりましたね。
先週の台風はスゴカッタ~
台風で廊下の屋根がめくれてしまっています(;・∀・)
我が家はライフラインのストップもなく、変わりない暮らしが出来ていますが・・・
変わったのがこのお方↓↓


わ~い、洗濯物がなくなった~、チャーンス!だにゃ
ぴょーん

905s2.jpg

サビは17歳の今でも女の子のように遊ぶし飛ぶし走るし
軽々と洗濯籠の中にも入ります(^o^)




しか~し、信じたくないのですがサビが直腸腺癌と診断されました。
この癌は転移性が高く、サビもリンパ節への転移が確認されました。
病院へはかなり前から通っているのですが残念ながら検査と診断に遅れがあったのも事実。
発症時から悪性なのかは今では分かりませんがショックは大・・・
この一年、病気知らずのサビが血便に喘息、感染症、歩けなくなるなど色々な変化がありました。
17歳だから?と思っていましたが、今では癌の仕業で?なんてもう考えても仕方がないことを考えてしまったり。
いけないね!(~_~;)


ずっと続いていた嘔吐やウ〇チの時の出血
そして、20回もトイレに入るという異常も続いていたサビ。
出なくてまたトイレに入る⇀ダウン⇀ちょっと出てまたトイレに入る⇀ダウンの繰り返しで長い日は3時間近くも。
まだ入るとは何と言う根性だΣ(・ω・ノ)ノ!と感心するくらい。
(でも出したいよね。自分だったらと想像すると出したいのに出ないなんてキツすぎる。)

このままでは苦しそうだし、腸閉塞になり更に苦しみが襲うらしく、そして・・・。
獣医さんとも相談し、自分でも調べ、また獣医さんのところへ足を運んで確認相談し、
結果、とにかくサビにとって余生が少しでもラクに過ごせるならばとQOLを選択することにしました。
それは生活の質の維持のため、腫瘍で直腸が塞がりそうな部分を最低限切除することです。
賛否両論あると思いますが、サビが良ければいいんだ!と決断しました。
ただ、治るわけではなく、それにより腸閉塞を防ぎ、サビが少しでもラクに余生を過ごせるようにするためのもの。
そうは言っても、いくら元気なサビとは言え17歳、リスクがあるわけで、もうハゲそうなくらい悩みましたよ。

当日は心臓がバクバクな一日を過ごしましたが、問題部分の腫瘍の切除は成功し、術後翌日からごはんも食べ、ウ〇チも出て無事に退院することが出来ました(^.^)
帰ってきてからも食欲旺盛で、ウ〇チもモリモリ、嘔吐もありません!
そして3日もしたら遊んでくれとオモチャを持ってくると言うお嬢さん(;・∀・)早過ぎね?
もちろん遊びはお休みしましたよ~。
今朝は「お腹空いたー、早くー、もっとーだにゃー」と下僕に抗議するくらい元気なサビ(笑)
いくつになっても末っ子はお子ちゃまなのですかね(^^;




ねぇねぇ、何やってるにゃー?とひょっこりはん(もう古い?)

905s.jpg

洋室で断捨離中のところを邪魔されます(笑)





ようやく以前のような平常の生活に戻った様子のサビ。 ※画像は術前です。
それでも小さな体で治ることのない癌と闘っているのかと思うと落ち込んで 、ブログにするのは重いかと考え投稿するのもやめようかと思ったり。。。
しか~し!サビって昔から超ポジティブなんですね。学ばされるくらいポジティブで。
どんな時でも本当に明るくてマイペースな頑固者なんですー(^▽^;)
なので、先ずは辛い状況を乗り越えたのだから、もう痛いことはしないで少しでも明るく楽しく前向きに過ごそうねと約束し、ブログも前向きに綴ることにました(´▽`) ←更新が少ないぞ(汗)


手術を成功させてくれた先生には本当に感謝です。
術後のサビの血液検査も全く問題なく、体重も3kgをキープ。
抗癌剤治療の提案もいただきましたが...それは...断わりました。






『平和な一コマ』

爪とぎを新しくしたらスグに研ぎにきます。サビが(^^;
サクラは柱派なので(-_-;) 爪とぎのチェックをしにきますが研ぎません。

901ss.jpg

ねぇねえ、またたびフリカケてにゃー
と言う眼差しです・・・ハイ(;^_^A アセアセ・・・


サビの病気に良いものはなーに?愛かごはんか、それとも?

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんなさん

コメントありがとうございます。
はなちゃんも直腸癌でしたか・・・高齢猫の手術の決断は難しいですよね。
サクラだったら手術はムリ、イザムもムリだったろうなぁ、と思いますよ。猫種なのか体力なのか⁈サビが元気過ぎで。

サビも腸閉塞を伴うものでは無い癌だったら手術はしなかった。
腸閉塞は猫も何よりツライらしいですし飼い主もツライですよね。あまりにも壮絶で。
私も苦渋の決断でしたが、走り回るなど年齢より若い?サビだったので思い切って閉塞している部分だけ切除をしました。
毎日様子を見ては一喜一憂していますが、まだ走り回ってくれています。

はなちゃん同じ17歳だったのですね。
もう痛みもなく、ほんなさんに甘えてスリスリしていそうだな♡(^▽^)

No title

我が家の先代、はなばぁも、直腸壁にガンが出来き、
腸閉塞へつながり余命1週間ほどだったので、癌の部分の切除手術をしました。
17歳。
麻酔からは覚めたものの、その後の体力が付いて行かず、
残念ながら、お空へ。
だんだん弱っていくはなばぁを診る勇気が無くて、
高齢でも手術に踏み切ったのですが…余命を縮めてしましました。。。

サビさん、無事に手術を乗り越え、復活の兆しと、
経過良好、ちゃんと食べて出して…その生命力、素晴らしいの一言です!
この先の猫生、サビさん、う~~~んと、エンジョイしてくださいよ~^^///

No title

ぽちさん

ありがとうございます!本当に頑張ってくれました!
本猫はダルイにゃ~ヘンだにゃ~と思っている様子だけど
今は食欲旺盛&出して&遊ぶ!走り回っていまーす。
スグ疲れてしまって甘えてくるんですけどね(^▽^;)

No title

サビちゃんの手術大変でしたね
よく頑張りました!!
しっかり食べて出す!これがなかなか難しいのよね
経過良好で本当によかったね( ´ ▽ ` )

No title

ナナアニさん

そうですよね!
ワタシが元気じゃないといけませんからね~
なのにたまにクタクタでいると、サビがペロペロして労わってくれていますヾ(。>ㇸ<。)ノ゙クゥー
平癒祈願ありがとうございます!(受~・・・)(#^.^#)♪感謝

No title

ブログで読むだけでも辛い話なのに、まりんさんさぞかし大変でしょうね
病気に良いものは一緒にいるまりんさんが元気でいてくれることでしょうか
サビさんが出来るだけ長く元気で楽しく過ごせるように、微力ながら平癒祈願の念を送信します (む~ん・・・)

No title

Gavi&TibiTibiはなび さん

ありがとです~!
ほぼ毎日形のあるウ〇チが出てますぅ。
トイレが普通ってとっても快適で嬉しいですぅ。

サビの免疫力を上げなくちゃ!
体重アップ&抗酸化力アップ~目指すぞp(^^)q
はい!
ゆったりサビペースでサクラと穏やかに楽しく過ごします(^.^)


No title

サビちゃんがんばってえらかったですよぉ!
手術大成功!
痛いたいなくなって、平常が戻ってきて本当によかったです。
みんにゃの時間が穏やかに楽しくゆったりたっていってくれますように。

No title

人間せんせい

ありがとうございます。
そうですね、うまく事が回ってくれました(^^)
サビは術後の痛みもだいぶ治まった様子で
廊下を走りまわっています。

何だか知らんけど痛かったのがなくなったにゃ♪
ごはんが美味しいにゃ♪
ウンチが出るにゃ♪
人間せんせいの言う通りだにゃーん(=^・^=)♪

No title

サビちゃんにとってよい判断よい処置と、
うまく事が回って本当に幸いでしたね。

痛くないのが一番♪
もりもり食べられるのが一番♪
うんちやおしっこで困らないのが一番♪

No title

NEccoSunさん

そうなんです・・・
思い起こせば異変はウ〇チだけではなく色々とありました。
喘息になり、体に原因不明の小さなハゲができたり(これはサインかも⁈)、原因不明で歩けなくなったり・・・
しかーし!
今日もいいウ〇チをしてモリモリゴハンを食べ
廊下をかるく流していました(走っていました)。
サビの場合はいい選択ができたのかな…そう言っていただけると…
ありがとうございます( ;∀;)
春ちゃんの闘病生活を思い出しています。。

No title

そうですか・・・
サビちゃん歩けるようになってほっとしていたのに癌とは辛いですね。
最低限の切除というのはいい選択だったと思います。
今元気に過ごせているのだから手術がんばってよかったね!
にゃんこは昨日と同じような一日を送るのが一番の幸せ。
家族と一緒に楽しい日々を過ごしてくれることを祈ってます。

No title

ロッドさん

そうですね...人間も猫も長生きになり、ガンになるのも不思議ではない時代。
ご高齢の皇太后様も手術されましたね。偶然にもサビもその日でした(^^)

サビは退院直後は痛みがあった様子で(そりゃそうだ...胸が痛い)
それでもモリモリ食べてウロウロして甘えて
「お家はサイコー♪おかわり~、遊ぶ~」と言っていました。
あ、まだ遊ぶのはお預けです(^^;)

✨今このときを楽しく、そして明日も✨
はい!同じ時間を過ごすならその方が絶対にいいですよね~
既に愛情がダダ洩れの毎日、どれだけゴロゴロ言わせられるかが母の役目。
免疫力アップ↑↑一番の薬を製造します!(^^)!

No title

日本人の半数はガンになると言われる時代で、皇太后様でさえガンで手術を受けたくらいですからね。
しかし皆がなるからと言ってけっして安心できる病気ではないのが事実です。
この獣医さんはすごく良い方ですね。
治療法の選択肢、その方針、実際の手術の腕前、本当に良かったと思います。
手術してすぐにそんなに元気になるとはビックリ仰天の喜びですよね。
時間に限りがあるのは病気であるか否かにかかわらず、皆同じです。
今このときを楽しく、そして明日も・・・それで良いんじゃないでしょうか。
サビちゃん17歳だそうですが、一緒に写っているサクラちゃんは18歳ですか!
若々しくて子猫のような可愛い顔ですね。
飼い主さんの愛情が一番のお薬だという話を聞いたことがありますが、ほんとにそのとおりですね。

No title

あんずミャミャさん

ありがとうございます!
QOL、そうなんですよね。
切除が必要なことに悩みましたが
サビの直腸腺癌の場合は必要でした...。
にゃんこらしい、サビらしい生活が戻りつつあります(*^。^*)

はいっ!これからもサビやサクラペースで(アタシは?)
楽しくゆっくり過ごしまーす(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾笑

No title

由桜さん

高齢にゃんこは何があるか分からないと覚悟はあっても
ショックね・・・(;^_^A

サビは17歳でも元気なほうみたい。
普段から家中走り回っている17歳でしたからね(笑)
とは言え、やっぱり手術後ってキツイと思うんですよね?
由桜さんはお体もう何ともないですか?

サビのこれからは元気になると思っていますよ~!
みんなで猫時間、のんびり穏やかに過ごします(´▽`)

No title

とってもつらいけれど
勇気ある選択をされましたね。
人間でも治療の最優先にあるのは
QOLですもんね。
それはサビちゃんだって同じ。
好きなものを食べて遊んでしっかり出してって
にゃんこらしい生活ができることが
幸せなんだと思います。

サビちゃんらしく
楽しくゆっくり過ごしていかなくちゃね(^^

No title

辛いね・・・・・😢

でも まりんさんが 選択したことは
きっと 間違ってはいない
サビちゃんが この先 幸せに のんびりと暮らせることが
一番ですよ・・・・・。

17歳? 手術 頑張りましたね
サクラちゃんと まりんさんと
楽しく 過ごしてゆこうね!!
プロフィール

まりん

Author:まりん
サクラ享年19歳♀
イザム享年20歳♂
サビ享年17歳♀
ハナ享年13歳(?)♀保護犬
母さんとの楽しい生活

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR